集合住宅よりも借家がいい!

日本は土地がない、面積が少ない島国なので都市部などは狭い土地にひしめき合うように住宅が建設されていますし、都市部で一戸建てを購入するのは費用がかかりすぎると、マンション購入を考えたり、賃貸マンションで暮らす方がいいと暮らし方も人それぞれです。

狭い土地にたくさんの人が暮らすためにはマンションなどの集合住宅が合理的ですが、集合住宅も購入代金が格安だったり、家賃が安いという物権になると、騒音問題なども出てきます。
大人二人が暮らすという事ならそれほど騒音も気にならないし、気にしなくてもいいと思いますが、お子さんがいたら?やはり足音や鳴き声など、ご近所に迷惑にならないかと気になります。

また今、シェアという暮らし方が若い人を中心に流行しています。
暮らしやすい一戸建ての借家を改造し、プライベートルームを設けることで複数の人が暮らせるシェアハウスとして賃貸していることも多くなっているのです。
リビングや風呂、トイレなどが共同利用で、複数の人間が共に暮らすため防犯という意味でも安心ですし、ルームシェアする事で地域によっては家賃が格安になるほか、光熱費なども割って支払うので若者にとっては非常に暮らしやすい環境となっているようです。

借家も考え方を変えると色々な暮らし方ができます。
集合住宅よりも快適でお得に暮らせる利点も多いのが特徴です。
当サイトでは集合住宅ではなく、借家に暮らす利点、またお得に利用する方法を掲載します。
皆様の快適な暮らしにお役立ていただけたら幸いです。



▽特選外部リンク
借地権に精通した専門スタッフが様々な相談に対応してくれます =≫ 借地権